元小学校教員 兼 主夫の子育てマインド 赤ちゃん〜小学生

第3話「文句!文句!文句!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん。

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。



「文句を言う子供と文句を言う大人」


ママパパさん、文句を言われたら、
「いらっ!!」
としますよね…。気分悪くなります。その場の雰囲気も悪くなります。
できれば、言われたくないです。
将来、絶対、きい(1歳9か月の僕の子)にも言わせないようにしたいです。


小学生って結構文句を言います。
子によっては、ほんの些細な事で。

例えば、
ある学級では、授業中、黒板に書く文字を1字間違えていて、
「この字、間違えていたから書き直して」
と言うと、
「えー、書き直さなあかんやん」
「えー、なんでー。めんどくさ」
みたいな文句です。

消して書き直すのに、
文句を言わないといけないくらい労力が必要なことなのか?
と思います。

今後、1日何回?1か月に何回?1年に何回?10年に何回?
死ぬまでに何回?文句を言うのか末恐ろしくなります。
文句を言った回数分、他の人を嫌な気持ちにさせているのですから。
1日3回文句を言うと、
1か月で90回、
1年で1080回、
10年で10800回、
死ぬまでに…ざっと見積もって約7〜8万回ですか。
これだけの人が被害をこうむるわけです。

こんな子には育てたくないですよね。

もちろん、素晴らしい子もいます。
他の学級では、
「先生、その字間違えてますよー」
文句一切なく、書き直します。
そりゃ、心の中では、
「間違えないでよ」
とか思ってるかもしれませんが、
声に出すのと心の中でグッとこらえるのとでは、
他の人に対する配慮が全然違います。


こんな子に育てたいですよね。

では、どうすればいいかって話です。

まずは、自己分析と他者分析。
ママパパさん、つい文句を言っていませんか?
それを子供が聞いていませんか?
「お父さん!何で、こんなに帰ってくるのが遅いの!」
「おい!ご飯が柔らかすぎる!」

もしくは、自分の子にかかわっている人(おばあちゃんやおじいちゃん)が
子供の前で、文句を言っていませんか?

子供はその文句を聞いて、大きくなります。
文句を言う子の親は、文句を言うことが圧倒的に多いです。
実際、小学校の先生をしているので、こういうことがよく見えてきます。

親が文句をいっぱい言えば、文句を言う子に育つのは当たり前。
文句の言い合いが普通である家庭環境で育っているのだから。

少なくとも子供の前で文句を言うのはだめです。

文句が言いたかったら、子供に聞こえないように、
小さな声か、筆談でしてください。
冗談で言っているんではないですよ。
子供は良くも悪くも超敏感ですから、こういう意識が大事です。
正直、子供は超敏感だから、態度でママパパさんのけんかや険悪なムードを
感じとると思いますけど。

だから、最善策は、
「ご飯が柔らかすぎる!」
→ 穏やかに、「もう少し、固めに炊いたご飯の方が好き」
とかに言い方を変えたら、
ママさん、パパさん、お子さんの関係がよくなります。
だから、これ読んだ人は、次のように
パートナーに伝えてください

○○(子供さんの名前)の前で文句を言わないようにしよう。
○○がその文句を聞いて、文句を言うようになるって。
だから、文句ではない言い方をできるだけしよう。

こういう小さなことを、実行することで、子供の将来はずいぶん違うものになっていきます。


ここまで、「文句」について話してきましたが、
「よし!文句を言わないようにしよう!」
だけで、思考停止しないでください。
ここまでせっかく読んでもらったのに、もったいないです。

考えを広げてください。

僕が言いたかったことは、

・子供は親を見て、真似をして育つ
 よいことも悪いことも真似をする。


ママパパさんがすることとして、
(0歳のお子さんのママパパさんもです)
例えば、
・朝起きたら、「おはよう」。寝る前に「おやすみ」
・ごはん食べる前や後に、手を合わせて「いただきます」「ごちそうさまでした」
(ちなみに、きいは「いたまちー」「ごちまちー」と言っています)
・肘をついて食べない。茶碗を持って食べる。

その場その場で、自分の子が見ていると思って、
考えながら行動するのがよいです。

「大人だから肘をついて食べてもいい」
という考えは、絶対だめ。
子供はそのうち
「お父さんも肘をついて食べてるし」
と文句を言うようになります。


「自分の子はこんな風に育ってほしい」
という理想像を持って、
実際に、ママパパさんが見本を示していけばよいわけです。
子供は必ず見習っていきます。


子育てマインド
・子供は親を見て、真似をして育つ
 よいことも悪いことも真似をする。



いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてください。


第3話を読んでいただき、ありがとうございます。
子育てがんばっていきましょう。

次回は、「子供だからこれくらいしかできない」について話します。

週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。

第2話「イライラ、ストレスさようなら!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん。

子供を育てるときに、これだけは知っておいてほしいこと
「子育てマインド」
を書きますので、
このページを開いた方は、これも運命と思って読んでみてください。


第1話をお読みの方は、このまま読んでください。
第1話をお読みでない方は、第1話を読んでからお読みください。
ちょっとわけわからないんだけど・・・ってなるかもしれないんで。


今日の僕の話は、
「ママパパさんのイライラ、ストレスさようなら!」です。
何歳児対象とか、特にないんですが、
強いて言えば、0〜6歳、特に0〜3歳くらい。
大事な子育てマインドなので、小学生までのお子さんのママパパさんには、
知っておいてほしいです。


子育てというと、ほとんどがママさんだと思うんですが、
僕も「無償の奉仕」のつらさを結構体感しています。
どんだけ子育てに尽くしてもお金には変わらないし。
とか思うことがあります。

まあ、でも、子育てって、お金には変えられない楽しさや喜びがありますよね。
赤ちゃんの首がすわったら、みんなで
「わーすごい!」

赤ちゃんが寝がえりをがんばっているのを見て
「よーし、もう少し!がんばれー!やったーできた!」

などなど赤ちゃんの小さな成長、大きな成長を見るたびに、嬉しくなります。
そんな喜びがあるから、楽しいと思えます。


しかし、楽しいことだけじゃなくて大変なことももちろんあります。

専業主婦のママさんの場合、つらいと感じるのは、

子供とずーーっと一緒にいること

じゃないですか。
子供の様子を見ながら、朝ごはんを作ったり、洗い物をしたり、
洗濯物を干したりたたんだりするときは、子供が何かしでかさないか、
かなり気を遣います。
「うわー、おもちゃをちらかしてるし!はぁ後で片付けないとだめだ」とか。
もう、神経ピリピリで、イライラの原因です。

仕事されているママさんなら、
「時間がないのに、なんでなんで洗濯物を散らかすの?」
みたいなのもストレスがたまりそうですね。

よーくわかります。僕も経験していますから。最初は、イライラしていました。
しかし、今では大分ストレスがたまらなくなりました。



物は考えようです。でも、単に考えるだけではだめなんです。
大事なのは、
子供に対する正しい知識を持って、子供の行動を考えることです。

ポイントは、第1話で話した「子育てマインド」3つのうち2つです。

1 赤ちゃんは天才です。3歳まで。

2 赤ちゃんは、ママパパさんが言うことを認識している。
  しかし、思うように表現できない。
  だから、大人は、赤ちゃんが何も分かっていないと
  間違った判断をする。

このマインドの中でも、キーワードは、「天才」と「認識」です。
子供(特に0〜3歳児)が「認識する」のは、
ママパパさんの言ったことだけではありません。
子供が「見ている物事も認識している」のです。子供の行動には意味があるのです。

例えば、
1歳6か月の子供が醤油瓶を倒したとしましょう。
ママパパさん、ここで、
「掃除するの、めんどくさ!」
と思ってもらっていいです。
でも、すぐに叱ったり、叩いたりしてはだめですよ。
子供が醤油瓶を倒すという行動には意味があるからです。

「醤油瓶を倒すと、醤油が流れ出てくる」

子供は、きっとこんなことを感じています。
醤油瓶を倒すと、
1「醤油が流れて出てきておもしろい!」
2「こうしたら、出てくるんだ!」
3「なぜ出てくるんだろう?」

大人の言葉に置き換えるなら、
1は「興味」
2、3は「重力の理解」
みたいなものです。

大人にとっては当たり前のことですが、
子供にとってはキラキラと、
もうそれはそれは光り輝いている素晴らしい現象
なのです。
子供は、科学者であり、実験をしているとも言えます。
子供はこんな行動によって、
物事の原理や道理を経験し、理解していくんです。

子供がこの行動を「経験するかしないか」「いつ経験するのか」によって、
賢くなるかどうか決まってきます。

経験しなかった、できなかった場合、
物事に興味が持てない子になります。
だって、ママパパさんにすぐに「醤油倒したらだめ」って言われたら、
実験できないし、次の実験もしたらダメって言われるから、何もできなくなる。

経験したら、いろいろな物事に興味を持ってできる子になります。
それだけじゃなく、「なぜ」そうなるのかって考えられる子に育ちます。
つまり、小学校教育でよく言われる「思考力」にもろ関係してくるんです。

「いつ経験するのか」については、
そりゃ天才のうちがいいでしょ。0〜3才ですね。
極端な話、10歳で初めて醤油を持たしてもらった子が醤油瓶を倒しても、
所詮
「こぼれたーやべー。」
「うわ、しまった、叱られる」
「拭くのめんどくさ」
くらいのもんでしょ。
0〜3歳児は天才なので考えることが、10歳児とは格が違います。

子供は、経験すればするほど、勉強も運動もできるようになります。
ほんと、ドラクエやFFの経験値みたいなもんです。


というように、醤油の話をしてきたわけですが、
次のようにして、イライラ・ストレスを軽減できますよね。
「子供の行動には意味がある」から、
子供が何かめんどくさいことをしでかしたとき、
ママパパさんは冷静になって、落ち着いて考えればよいわけです。

その行動にどんな意味があるのか?

一つ一つ例をあげるときりがないので言いませんが、
その意味を見出すことができればしめたもんです。

「おお!子供かしこくなってるわ」

と自然に思うようになるでしょ。そうすれば、

「イライラ・ストレスさようなら!」です。
おまけに、子供も賢くなっていますから、一石二鳥です。

だから、物は考えようであって、
「子供に対する正しい知識を持って、子供の行動を考える」
ことが大切なんです。


子育てマインド
「ママパパさんのイライラ・ストレスさようなら」
・0〜3歳児は天才です。物事への認識力。
・子供は科学者であり、実験好き。
・子供の行動には意味がある。
・ママパパさんは、将来を見据えて、その行動の意味を考える。




上の4点をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第2話を読んでいただき、ありがとうございます。
イライラ・ストレスとはさよならしましょう。減らしましょう。

次回は、「文句!文句!文句!」について話します。

週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。




第1話「赤ちゃんは天才!?」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん、
おばあちゃん、おじいちゃん。

僕は子育て真っ最中の主夫です。もちろん仕事もしていますが、
結構、子育てにかかわっているので敢えて主夫とします。
子供は、1歳9カ月の男の子(名前は「きい」にしておきます)です。

子供を育てるときに、これだけは知っておいてほしいことを書きますので、
このページを開いた方は、これも運命と思って読んでみてください。
やや長いですが、10分くらいで読めると思います。
今後の子育てにかかる労力や時間、ストレスを大幅に減らすことができるかもしれません。

それでは始めます。

僕はそうだったんですが、きい(赤ちゃん)が生まれてくるときに願ったことは、
「とにかく、赤ちゃんも妻も無事であってくれればいい」

生まれた直後のきい(赤ちゃん)を見せてもらって、
自分の子供なんだと感激したと同時に頭に浮かんだのは、
「手とか足、指の数などなど大丈夫なんか?」

きいが生まれてからしばらく、
「健康が一番。元気に育ってくれればいい」

またしばらくたつと
「かしこくなってほしい」
「運動もできたほうがいい」
「誠実な人になってほしい」

これ見てもらったらわかると思いますが、どんどん欲が出てきてますよね。
今振り返ると、自分でも信じられないくらい(笑)

でも、これって普通のことでしょう。
ママさん、パパさんも同じような道をたどっているんじゃないかなと思います。

逆に、こう思わないっていうのは、大問題な気がします。
だって、健康だけ望めば、勉強ができない子、意地悪な子になってもいい、
ということだから。

じゃあ、勉強ができる子、善悪の判断ができる子、運動ができる子、健康な子にするためにどうすればよいのか。

その答えとなる
「子育てのすべてにかかわるそれらの根本」
について話します。
僕の子育てマインドです。



ママパパさん、

赤ちゃんは天才ですか?

とたずねられたらどう答えますか。
赤ちゃんのイメージがしやすいように、7か月くらいで、
ハイハイや「まんまん」などの言葉が見られる時期としましょうか。
もちろん、違う時期でもいいですが。

それぞれのレベルがあるので、自分がどのレベルか考えてください。

少々微妙な表現なので、レベルが高いほど天才に近いと判断してくださいね。

レベル0 考えたこともない
レベル1 いや、天才じゃないだろう。まだまだ何もできないし、
     言葉も思うようにしゃべれない。全然反応しないし。
レベル2 さすがに天才とは言えないが、少しずつ賢くなっている。
     言葉も出てているし。少し反応してくれるし。
レベル3 天才とは言わないが、結構頭がよい。よく反応してくれるし。
レベル4 天才!

レベル0のママパパさん。
すぐに考えてください。とても大切なことですから。

レベル1〜2のママパパさん。
考えを改めてください。必ず最後までこれを読んでくださいね。
この考えを子育てに生かしてもらえたらと思います。

レベル3のママパパさん。
もうひと踏ん張りです。これを読んだら、納得してもらえると思います。

レベル4のママパパさん。
僕と同じマインドの持ち主で嬉しいです。赤ちゃんの天才ぶりは目に見えないようで見えてきますよね。



赤ちゃんは天才です。
そして、すべてのことを認識しています。




1 赤ちゃんは天才!

なぜか?

赤ちゃんは、笑いますよね。どうやって笑うことを覚えるかというと、
ママパパさんが笑った顔、愛情いっぱいの顔を見て真似るんですよ。

つまり、赤ちゃんは目で見て、自ら顔の筋肉の動かし方を学ぶわけです。
観察力の高さが見てとれます。

赤ちゃんは、寝返りをし、ハイハイができるようになります。
誰が教えたということもありませんが、自然にできるようになります。
不思議ですね。遺伝子に組み込まれているんですかね。

1歳半を超えると(赤ちゃんではないですが)、
どんどん話す言葉が増えてきます。記憶力が半端ないです。

記憶に関しては、赤ちゃんはまさに高級スポンジ。
どんどん物の名前を覚え、吸収していきます。
僕ら大人は、たわしみたいなもんです。

最近、きいが覚えたのが、こいのぼりです。
「すごっ!」と思ったことがあるので話します。

きいと妻が出かけたとき、風に揺られたこいのぼりがあったそうです。
きいが指をさしたので、妻は、
「ビューンがあるねー」
と言ったそうです。きいは、その後、こいのぼりを見ると、
「ビューン」と言うようになりました。

1週間後くらいに、絵カードに、風に揺られた凧(空にあげるたこです)があり、きいはそれを指さし、
「ビューン!」
と言いました。

あと、町にあるのぼり旗(スーパーにある6倍デーとか)をきいが見ると、
「ビューン!」
と言いました。風に揺られたものを、「ビューン」と認識したわけです。
すごいことですよね。

赤ちゃんは、記憶するだけにとどまりません。
自分なりの法則を作り、いろいろと当てはめていく
んです。

個人的には、こいのぼりは、こいのぼりと正しい言葉を教えてほしかったわけですが。

この天才ぶりが、ずーーっと続けは、世の中天才ばかりになります(笑)

教育関係の本にもよりますけど、天才が続くのは、まあ、3歳まで。

3歳までに、どれだけ子育てを頑張るかで子供の将来が決まるのです。

とにかく、五感を使う「見る、聞く、かぐ、味わう、触る」また、
話すことにより、いろいろなことを経験させ、
脳を活性化させておくことが大事です。

経験させる基本的な環境として、
安心できる環境(愛情)
遊べる環境
楽しめる環境

詳しくは、また今度。



2 赤ちゃんはすべてのことを認識している!

あるママさんとの会話です。僕は、ショックを受けました。

そのママさんには、1歳5か月のお子さんがいます。

子供の食事の話をしていて、ママさんは、

「嫌いなものを食べさせると、口から出してポイッと投げるんですよ」

と。僕は、こう返しました。

「えっ、僕なら真剣叱りますよ。食べ物は投げるものじゃないよと」

ママさんは、

「だって、言ってもわからないじゃないですか」

え?マジかー!本気で言ってるの?と心底思いました。衝撃の一言。

0〜3歳くらいの子どもでも話したらわかります。話し方にはいろいろ方法がありますけど。

例えば、

1歳半児には理由もつけてだめだと愛情を持って叱ります。

「これは、食べる物だから、投げてはいけません。」

1歳半児は、「うん」とうなずいたり、「はい」「わかった」と
言えるはずがありません。まだまだ表現力は未熟なので、
これが大人の子供に対する間違った認識につながってしまっているんです。
実際は、子供は、ママパパさんが言っていることを認識しています。
これは、子育てで超大事です。

そして、子供は言われて納得したら、「次からはしない」という行動に移します。

もちろん、1回で行動できないこともありますが、叱り方を工夫してください。

叱り方の例えですが、

命にかかわるもの、とても危ないもの、コンセントの抜き差しやガスコンロ、ストーブなどを触らせたくないとき、

怖い顔をして、一回真剣に叱ってください。
声の大小や高低も工夫してくださいね。
大きい声がよいってわけじゃないですから。

この場合、僕は、鬼の形相+やや大きめの低い声で愛情を持って叱ります。

「ストーブに触ると、熱くてやけどをします!ボウボウ燃えて火事になったら大変です。だから、ストーブの近くで遊んだらだめです。」

すると、泣くか、険しい顔になるか、急におもちゃの大根を指して「だいこん」とごまかします(このときは、もう一回叱ります)。

納得したと判断したなら、頭をなでて、抱いて、優しい声で

「次からしないようにな」
「わかったらいいよ」

愛情いっぱいになぐさめます。結構すぐに泣きやみます。
気持ちの切り替えが早いです。次から、ストーブで遊ばなくなります。

全部を全部したらだめ、というのではないことを注意してくださいね。
子供を管理しやすくするのが目的ではありませんから。

赤ちゃんにとって、食べ物を手づかみするべき大事な時期がありますし、
醤油瓶を倒して、醤油をこぼすのにも意味があります。

大人にとっては、意味のない、やってほしくないことが、
赤ちゃんにとっては大切な経験であり、
物事を有様を認識して次につなげていくということを忘れないでください。

赤ちゃんがすることには、すべて意味があります。



長らく話してきましたが、「子育てのすべてにかかわるそれらの根本」をまとめておきます。

1 赤ちゃんは天才です。3歳まで。

2 赤ちゃんは、ママパパさんが言うことを認識している。
  しかし、思うように表現できない。
  だから、大人は、赤ちゃんが何も分かっていないと間違った判断をする。

3 愛情をもってほめる、叱る。(これは、後日詳しく話します。)

僕は、この3つの子育てマインドを意識しています。
意識していると、子どもの行動に対して、その行動の意味を考えながら、
落ち着いて笑って反応できるようになりました。

醤油を倒した → 何かを分析している → こうやってかしこくなっているんだな 

みたいな(笑)

ストレス軽減です。

ちょっとしたイライラが少なくなって、
ママパパさんのストレスも減らしてくれると思います。

かしこい子、してはよいことといけないことを判断できる子に一歩近づきます。

うまく誘導すれば、子供が出したおもちゃの整理整頓など労力や時間を削減できますよ。


子育て頑張っていきましょう。


上の3点をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。
特に赤字の部分は、紙に書いて部屋にはっておいたら、
常に意識できるかもしれません。


長い文章を読んでいただき、ありがとうございます。
子育てに役立ててもらえれば嬉しいです。

次回は、「イライラ、ストレスさようなら!」について話します。

週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。