元小学校教員 兼 主夫の子育てマインド 赤ちゃん〜小学生

第10話「叱るとき…これだけは注意して!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん


第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。


「叱るとき…これだけは注意して!」


第6話「正しいほめ方と叱り方」
第8話「なぜ、3歳までが大事なのか?」
まだお読みでない方は、第6話第8話を読んでから、こちらを読んでください。

第6話では
・よい行動をほめて伸ばす。いけない行動を叱って正す。
・基本ほめる。時に叱る。
・叱る基準を自分なりに持つ。
・一貫性のある叱り方をする。
・「〜しようよ」のスタンスで。普通に叱る」は少なめで。言葉巧みによい行動に誘導する。


第8話では
・3歳までにいけない行動を叱って正す。
・3歳までは、素直に受け入れる。
・小学生になると、悪い行動を変えさせるには、
多大なエネルギーが必要。
・3歳までに全力で子育て!その後に楽(時間的余裕、ストレス減)が待っている。



ほめるだけじゃだめ。叱るだけじゃダメ。バランスが大事。
素直に受け入れる3歳までに、ほめて伸ばし、叱って正すことが大事!ということでした。


今回は、叱るときの注意点を話していきます。


第6話でも話しましたが、
「叱る」と「怒る」は、全然違うということを
理解しておいてください。
「叱る」は、
「愛情を持って、よくなってほしいと願って叱る」のです。
「怒る」は、
「感情にまかして厳しく言うこと」です。

この2つを区別して叱らないといけません。
詳しくは、第6話で。


子供がかわいいから、なかなか叱れない。
子供を叱ったら、嫌われるかもしれない。

こんなことを思った方は、ぜひ続きを読んでください。


「包み込まれているという感覚」

こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。
京都府教育振興プランというものに出てきた言葉です。

周囲からの温かくも、厳しい愛情や信頼、期待などに
包み込まれているという感覚によって、
子供はいろいろなことに意欲を出すということです。

ポイントを絞って
温かい愛情と厳しい愛情だけ話します。

温かい愛情とは何ですか?
ほめることがそうですよね。

厳しい愛情とは?
これは、一見すると、矛盾してそうな言葉です。
厳しいというマイナス的な言葉と
愛情というプラス的な言葉ですから。

叱ることなんです。
愛情を持って叱るのです。
子供をよくしよう!という愛情です。

むやみやたらにぼろかす言うのは怒っているだけ。
子供がいけない行動をしたとき、叱らないのは、
本当の愛情を注いでいません。

例えば、
子供が、コンセントの抜き差しをして遊んでいたら、
火事になるかもしれない。
最悪、子供が感電死するかもしれない。

ママパパさんが、
自分の子供を心から愛しているのであれば、
叱りますよね。しかも、厳しく。

これが、厳しい愛情なのです。

そして、その遊びがとても危ないこと、
命にかかわることということが
子供の心に伝わったら、
子供は叱られたことから、
ママパパさんの愛情や信頼を感じとります。
「自分を危ないものから守ってくれたんだ!」と。


子供は、
ほめてほしいと思うのは当然です。

叱ってほしいとも思っています。
これが現実です。

小学校で、こんなことがありました。
ある子がこんなことを言いました。
「○○先生には、もっとガツンと言ってほしい
ガツンと叱らないから、
男子は言うことを聞かずに好き勝手をしている。」

この場合、自分ではなくて、別の友達を叱ってほしい
ということですが、自分がだめなことをしたら、
叱って正してほしいという覚悟もあるはずです。

別の例で。
三田佳子さん。すばらしい女優だそうです。
僕はドラマをあまり見ないので、詳しくは知りませんが。

母親としてはどうか?

息子は、小さい時から温かい愛情を注がれて
育てられたそうです。お金にも不自由しませんしね。
悪さも結構したそうで、どんどんエスカレートしていき、
最終的には、麻薬パーティをして逮捕されました。
息子はこのようなことを言ったそうです。
「だめだと叱ってほしかった。」

「かわいい、かわいい」だけでは、
子供は正しく育たないのです。

だから、

いつでも、「ほめる」と「叱る」をうまく使い分ける
ことが大事なのです。
そうすることで、子供は、

温かくも厳しい愛情や信頼などに

「包み込まれているという感覚」

を持ち、安心感を得る。
そして、
色々なことに興味を持ち、挑戦することができるようになる。

こんな話を聞くと、

子供がかわいいから、なかなか叱れない。
子供を叱ったら、嫌われるかもしれない。


と思っていたママパパさん。

叱ることができますよね。
というか、叱らないととんでもないことに
なるかもしれません。
子供のいけない行動を叱って正すこと
ママパパさんの役目です。


最後に叱るときの注意点

子供とママさん2人しかいないとき。
叱った後は、子供をよしよしとなぐさめてください。
慰めなかったら、
子どもは、安心感や包み込まれているという感覚を
得ることができませんから。

子供とママパパさん3人のとき。
叱るのはどちらかにしてください。
ママパパさんの両方が叱ると、
子供にとって重く苦しいです。

2人からびしばし言われるんですから。

パパが叱ったら、ママは知らないふり。
泣きついてきたら、内容を確認して、やさしく
「次から気をつけようね」
と言って抱きしめ、なぐさめる。

こうすれば、
「包み込まれているという感覚」
ですね。



子育てマインド
・「叱る」と「怒る」は、全然違う。
・子供は、叱ってほしいと思っている。
・子供に「包み込まれているという感覚」を持たせる。
・厳しい愛情とは、「子供をよくしよう!という愛情を持って叱ること」。
・ママパパさんの両方が叱ると、子供にとっては重く苦しい。
・叱った後は、しっかりフォローする。





いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第10話を読んでいただき、ありがとうございます。
子供を叱って正しい人間に導きましょう。

次回は「テレビを見せるとき・・・これだけは考えて」です。


質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。

第9話「手先が不器用な子はかわいそう!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。


「手先が不器用な子と器用な子」


手先の器用さは人それぞれだと思いますが、
手先は器用な方がよいに決まってます。
「不器用でよかった!」ということは、
ほとんどないように思います。

手先が器用であれば、
パソコンのタイピングを早く上達できます。
洋服のボタンを素早く縫い付けることができます。
ネックレスがぐちゃぐちゃに絡まっても、
解くことができます。

細かい作業全般を難なくこなすことができます。
もっとよい例えがあると思いますが・・・。

とにかく、生活をする上で、手先は器用な方がよいです。


自分の子供にも手先が器用になってほしい
と願うのは、
自然の流れですね。


小学生を見ていると、不器用な子、器用な子がいます。
不器用な子を見ると、かわいそうです。
真剣に頑張るんです。しかし、なかなかできないんです。

例えば、コンパスを使うとき。

まず、親指と人差し指の2本で持てない。
親指と人差し指と中指の3本で持つんです。

次に、2本の指で持てても、コンパスを回すことができない。
2本の指で、さするようにくるくると回せればよいのですが、
手にも指にも力が入りすぎて、震えてるんです。
頑張っているのに、手や指が思うように動かせないのです。
だから、どんどんイライラがたまってきてしています。
子供が苦しんでいます

一方、手先の器用な子は、すぐに、上手に円を描くことができます。
時間がある限り、小さい円、大きい円の描く練習ができます。
手先の器用さは、勉強にも大きくかかわってくるんです。

こういう現実を見ると、きい(1歳10か月の僕の子)には、
手先が器用になってほしいと思います。
もちろん、これを読んでもらっているママパパさんのお子さんにも。


小学校でする作業と不器用な子の例えをざっと書いてみます。


鉛筆で文字を書く
 濃い字しか書けず、濃淡の調節ができにくい。
消しゴムで文字を消す
 力の調節ができない。
 鉛筆の線の方向を無視して、力任せに消そうとする。
定規、三角定規、分度器、コンパスを使う
 定規で、線を真っすぐに引けない。

はさみで紙を切る
 ぎこちない使い方をする。
折り紙を折る
 端を合わせられない。指先を使って折れない。
でんぷん糊やスティックのりを使う
 でんぷん糊を薄く均一にのばせない。

糸を針の穴に通す
 糸を針の穴に通せない。
玉結びをする
 3本の指を器用に使えない。
手縫いをする
 ガタガタにぬってしまう。

包丁を使う
 力任せに切る。

やり方を教えれば、

器用な子は、初めてのことでも、すぐにコツをつかみ
できるようになります。

不器用な子は、それぞれの作業でつまずき、
苦戦します。
苦しみます。



ママパパさんが家で子供と一緒に何かをするとき、
費やす時間を考えると、
器用な子に対しては、そんなに時間はかかりません。
不器用な子に対しては、まあ、多大な時間がかかります。


では、どうすればよいか?

小さい時からいろんなことを経験させることです。
大人になってからでは遅いです。
小学生でも遅いです。

やっぱり、天才の時期「第1話赤ちゃんは天才!?」
がよいでしょう。


物がつかめるようになったら、どんどん持たせたらよいです。
「握る」ができるようになったら、「指先でつまむ」です。
体の中心から末端に行くほど、高度な動作になりますから。

腕を動かす → 握って持つ → つまむ
こうやって高度な動きを経験させていけばよいです。
こんな経験ができる環境を作ってあげてくださいね。
軽いもの、重いもの、大きいもの、小さいもの、
本当にいろいろなものが「持てる、つまめる」環境です。

子供は、体験によって
軽い、重い感覚を身に付けていきます

軽い物に対しては、軽い力でとか、
重いものに対して、気合いを入れてとか。

きいの例を挙げて話します。

お風呂の湯船で、洗面器を使わせると面白いです。
洗面器を上下逆さにして、沈めて、傾けて空気をボコッと出す。
これがまず、面白い。
きいは「びっくりしたー」とか言います。

さらに、遊びは続きます。

ボコッと空気を出した洗面器を
両手で持ち上げようとすると、
重いですよね・・・説明しにくいですけど。
洗面器を水上に持ち上げると、急に軽くなるんですね。
「重い」から急に「軽い」に変わるので、バランスを崩します。
きいは、初め、勢い余ってこけかけました。

でも、それが楽しくて、何回もします。
そのうち、
いつ「重い」から「軽い」に変わるのかがわかって
うまくバランスをとるようになりました。

きいがこかけたときは、洗面器を持ち上げるために、
ずっと力をかけ続けていたわけです。

そのうち、
どこで力を抜けばよいか少しずつわかってきて
途中で力をぬくことができるようになった。

だから、バランスもとりやすくなった。
というわけです。

こんな場面でも、
力の強弱の使い方を体験して学ぶことができます。
力の強弱は器用さに大きくかかかわってきますよね。


もう一つの話
僕は、日中、おばあちゃんにきいを預けています。

夕方、おばあちゃんの家にきいを迎えに行くと、
きいが細かいものをつまんで食べていたんです。
食べていたものは、ミンツでした。

「これはいい!」
って思いました。

ミンツは直径2mmくらいですね。
やさしくつまんで食べていました。
大人でも難しいかもしれません。
でも、練習すれば、1歳10か月の子でできるんです。

初めはどうだったか聞いていないので分かりませんが、
力いっぱいつまんで、
はじいてどっか飛んで行ったのかもしれませんね。
この失敗経験もグッドです。
失敗から学べばよいのですから。


手先が器用な子の子育ては、
ママパパさんも楽ができます。

小学校では、5,6年で裁縫を学びます。
「お母さん、服のボタンがはずれた」
こんな場合、

手先が器用な子なら、学校で学んだことを生かして、
きれいにボタンを縫い付けることができます。

手先が器用でない子なら、
「上手にできないし、やって」
と言って、ママさんにしてもらう。
これでは、学校の勉強がまったく生かせてないですね。

がんばって縫い付けたとしても、
きれいにボタンを縫えていないかもしれない。
結局ママパパさんがしないといけない・・・時間がかかる。
となるわけです。

だから

子供の手先が器用であることは、
子供が自分でできることを自分でやり切る。
だから、
子供は、自信を持つ。意欲が出る。生活力が高まる。

ママパパさんの労力を減らすことができる。


それだけではないです。

手先と脳には大きな関係があります。
手先を器用にすることは、脳の活性化に効果があるといわれています。

進化論でもそうですよね。
人間に近いサルは、犬や猫に比べて手先が器用で、
脳も大きいです。

昔、世界丸見えテレビで見たんですが、
中国では老化防止のために、
直径3〜4cmくらいの金属の球を2つ掌に乗せて回すということをしているそうです。
真偽はわかりませんが、手先を動かすという点を考えると、効果はありそうですよね。

僕が言いたいことは

手先を器用にすることは、脳を活性化し、
結果として、賢い子に育ちます


ということです。


もちろん、手先を器用にする時期は、
3歳(6歳)までです。
詳しくは、
第8話「なぜ3歳までが大切なのか?」を読んでください。

小学生になったら、器用にすることは難しいです。
小学生で不器用なら、一生不器用のままです。
子供の一生を左右する手先の器用さです。
3歳までを第一目標にしてがんばりましょう。



子育てマインド
・小さい時から「持つ」「つまむ」を経験させる。
・時期は、0〜3歳(6歳)までに。
・手先を器用にすることで、脳を活性化することができる。


いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第9話を読んでいただき、ありがとうございます。
今、いろいろな経験をさせて、
手先の器用な子、賢い子に育てましょう。

次回は、「叱るとき…これだけは注意して!」です。

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。

第8話「なぜ3歳までが大切なのか?」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。

「なぜ、3歳までが大切なのか?」


第6話では、「正しいほめ方と叱り方」について話しました。
まだお読みでない方は、第6話を読んでから、こちらを
読んでください。

第6話では
よい行動をほめて伸ばす。
いけない行動を叱って正す。
一貫性のある叱り方をする。


ほめるだけじゃだめ。叱るだけじゃダメ。バランスが大事。
ということでした。
では、なぜ3歳までに、ほめて伸ばし、叱って正すことが
大事なのか?

今回は、これについて話します。


ママパパさん、正直なところ、子育てで楽をしたいですよね。
僕は楽をしたいです。
楽をしたいっていうか、苦労したくないです。

小学生の学校生活を見ていたら、
学力、生活力の差が大きいです。
小学校での子供の現実を見ていたら、
家庭で大変だろうなと思います。

学力・生活力の低い子は、ママパパさんの子育ての労力が
尋常じゃないと思います。
注意の嵐なのではないかと。
会話になってない気がします。

僕は、そうなりたくないので、今必死で考えて子育てしているのです。
みなさんの大切な子供にもそうなってほしくないので、
こうやって子育てで大事なことを話しているわけです。


じゃ、具体的に、
勉強・生活・善悪の判断の3点に絞って話していきます。


1 勉強

例えば、
勉強ができる子は、家で宿題を自分でやり切ります。
勉強ができない子は、家で、
ママパパさんに教えてもらわないとできません。

毎日教えていたら、どれだけの時間になることか?
小学校6年間続くと想像してください。嫌になってきます。


勉強については、第1話「赤ちゃんは天才!?」
話したとおりです。
3歳までに、五感を使って「見る、聞く、かぐ、味わう、触る」また、話すことにより、いろいろなことを経験させ、脳を活性化させておく。

3歳までが勝負です。3年間頑張れば、
ママパパさんは、子供の勉強で悩みが減り、ストレス、労力も
少なくなることは間違いないです。
しかも、子供自身が、
「勉強がわからない」
ということがなくなります。

「うちの子は、勉強できなくても、健康だったらいい」
という考えは、止めてくださいよ。
子供は、勉強ができないことに苦しみますから。

小学校の授業時間で言うと、
45×6=270   1日で4時間30分
4.5×5=22.5 1週間で22時間30分
22.5×4=90  1か月で90時間
年間にすると、約900時間もあるわけです。
子供にとって、
勉強ができないのは、本当につらいことという認識

を持っておいてください。

脳の活性化は3歳まで
この3年間、ママパパさんが本気になることによって、
子供は、小学校、中学校、高校、大学、社会人という
ずっと続く「勉強」をしっかりできるようになります。
しかも、ママパパさんにも時間的余裕が出てくるようになります。


2 生活

例えば、小学生で、
歯磨きをすることが、当たり前になっている子は、
声かけをしなくても、食べたら磨くというように、
自然に歯磨きができます。楽ですね。

歯磨きをすることが、当たり前になっていない子は、
毎回、声かけが必要になります。労力です。
声かけしても、10秒で終わりとかそんなこともあります。
歯磨きを怠って、虫歯ができたら、歯医者に連れて行かないといけません。
ここでも、労力です。


3 善悪の判断

小学校で友達に
「死ね」
「あほ」
とか嫌なことを言う場面で考えてみましょう。

3歳までに
よい行動をほめて伸ばされ
いけない行動を叱って正された子
が、
友達に嫌なことを言ってしまった。
叱ったら、納得して反省します。

善悪の判断について正しく教えられていない子なら、
それを注意されても、あまり反省しない、繰り返す。
本当に何回も繰り返します。
いわば、意地悪な子、トラブルメーカーですね。

何回注意されても、どうしても行動を変えられない。
こんな場合、家で、
「なぜそんなこと言ったの?」
「友達にそんなこと言ってはだめです。」
と親が話しても、なかなか聞き入れることができない。
つまり
善悪の判断をさせるために、膨大な時間がかかります。
もしくは、正せません。


ママパパさんにいつも考えていてほしいこと。

その子の考え方や行動を変えさせるには、
エネルギーが必要になってきます。
エネルギーとは、「叱って正す」のに費やす時間や労力のことです。
子供の行動を正しくするのに必要なエネルギーの量は、子供の年齢によって全く違うのです。

3歳までの子なら、悪い行動も、正しい叱り方をすれば、
すぐに変わります。
3〜6歳の子も、変わりやすいです。
小学生・・・はっきり言って、3歳までの子と比べて、
10倍から100倍かかります。
6歳までに、しつけとかできていなかったら、変わりません。
6歳までが素直に物事を受け入れることができる時期です。


とにかく、
小学生になったら、考え方や行動を変えさせるには、
多大なエネルギーが必要になってきます。


これを知っていれば、
3歳まで(もしくは6歳)のうちにしつけておこうって気がするでしょ。
たった3年間ですよ。長くても6年間。
ママパパさん、
3歳までの子育てに、全力を注ぐべきなんです。
その後の数十年を楽に過ごすことができます。

もしくは6歳と言ったのは、
3歳以降徐々に素直に受け入れなくなってくるからです。
だから
3歳までが最も重要です。

きい(僕の子)は、今1歳10か月になりました。
3歳まで、たった1年2か月しかないって考えてます。



子育てマインド
・3歳までにいけない行動を叱って正す。
・3歳までは、素直に受け入れる。
・小学生になると、悪い行動を変えさせるには、
 多大なエネルギーが必要。
・3歳までに全力で子育て!その後に楽
 (時間的余裕、ストレス減)が待っている。




いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第8話を読んでいただき、ありがとうございます。
今、子育てをがんばって、将来、楽をしましょう。

次回は、「手先が不器用な子はかわいそう!」の話です。

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。