元小学校教員 兼 主夫の子育てマインド 赤ちゃん〜小学生

第13話「絵本・・・とりあえず本棚を!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん。

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。


「絵本・・・とりあえず本棚を!」


「子供にとって、絵本はよいものである」ということは、僕の常識なのですが、
ママパパさんにとっては、どうでしょうか?

今回は、絵本のよさについて話していきます。

初めに、引用文です。
子どもはお話が好き、絵本が好きです。それに、絵本は多くの恵みを子どもにもたらします。私たちは30年にわたり、子どもと絵本にかかわってきて、このことを確信しています。」
(川端強『絵本のある子育て』こどもの本の童話館グループ、2013年、2頁)


30年にわたって絵本にかかわってきた方が、このようにおっしゃっています。
絵本はとても大切なんです。
ちなみに、小学生でも、絵本の読み聞かせはとても好きで、静かに聞きます。


ここからは、僕の考えていることです。

では、絵本とは何なのか?

絵本の要素は3つあります。
ぱっと見て、絵がありますよね。
そして、文字(言葉)があります。
さらに、ストーリー、物語があります。
この3つ、絵と言葉とストーリーです。

子供は、絵を見て感じ考えます。
読んでもらって、言葉を聞いて感じ考えます。
全体のストーリーを感じ考えます。

子供は絵本からたくさんのことを感じ、考えています。
つまり、賢くなっているのです。感じて考えるのですから。
「絵本とは、子供を伸ばすもの」と言えますね。

では、子供の何が伸びているのか?

引用文に「多くの恵み」とありましたので、この言葉を借ります。

多くの恵み1つ目
美しいものへの感性(絵)
子供は、真剣に絵を見る中で、
「ああ、美しいなあ」
と感じるのです。そうやって、感性を磨いていきます。
感性というのは、言葉で教えて磨くことができるものではありません。
だから、絵本というのは素晴らしいのですね。

多くの恵み2つ目
言葉を育むこと(言葉)
ママパパさんが、絵本を読んであげたら、子供はどんどん言葉を覚えていきます。
だって、子供は絵本が楽しいですから。
僕はいつも言いますが、子供は、「楽しい!」と思うときに、あらゆることをスポンジのように吸収していきます。
しかも、絵本の言葉は、洗練された日本語です。だから、ママパパさんが読んで聞かせるだけで、正しい日本語を教えることになるのです。
これも、絵本の素晴らしさです。

多くの恵み3つ目
道徳性を育む(ストーリー)
善悪の判断や、正しいことは正しい、当り前のことを当たり前にする、ということなどを総称して道徳性と言いますが、言葉で説明するのは、難しいですね。

例え話で。
桃太郎の場合。
桃太郎が、きびだんごをやって仲間を増やしていくのは、たくさん友達を作ることや、友達と協力することは正しいことなんだということにつながります。
桃太郎が、鬼を退治することは、愛は勝つ、悪いことをしてはいけないということにつながります。

様々なストーリーを知ることによって、自分の行動の模範にしていくわけですね。
たくさん読んで聞かせることによって、
たくさんのストーリーを経験することになりますから、
少ないより多い方が子供の道徳性は豊かになっていきます。


ということで、絵本というのは子供にとって、とてもよいものです。
ぜひ、本棚を作って絵本を並べてあげてください。

きい(僕の子で1歳11か月)の本棚です。
何冊あると思いますか?
hondana1.jpg

数えたら、70冊ありました。
きいの一番好きな本は、
(馬場のぼる「ぶたたぬききつねねこ」こぐま社、1978)です。
しりとりになっている本です。
「おひさま→まど→どあ・・・しろくま→まく→くりすます」という風。
合計41個の動物や物が出てくるわけですが、きいは35個くらい名前が言えます。
その中でも、あほうどりが一番のお気に入りです。理由はわかりませんが。
book1.jpg

きいが一番好きな本なので、自分で本棚を探して引っぱり出してきて、
「よもうよもう!」
と言います。ときには、自分でページをペラペラと(バラバラとおおざっぱに)めくって読んでいることもあります。
もう何回読んだか分かりませんが、何回も読むことが大切です。
1、2回では気付かないことやわからないことはたくさんあります。何十回も読み、見ることで、新しいことを発見したり、記憶に残ったりします。
好きな本は飽きが来ません。好きな本は大切にしてあげてください。

一応・・・きいが好きな本
第2位は、
(多田ひろし「ねずみさんのながいパン」こぐま社、2000)です。
「ながーいパン!」を連呼しています。
book2.jpg

第3位は、
(安西水丸「がたんごとんがたんごとん」福音館書店、1987)です。
列車が動く話なんですが、絵本を動かして、きいの周りを一周させて読むととても嬉しがっていました。
book3.jpg


ところで、70冊置いていると言いましたが、
これにも意味があります。
10冊ではだめなんです。

考えてみてください。

10冊の中から一番好きな絵本を選ぶのと、
70冊の中から一番好きな絵本を選ぶのとでは、
まったく中身が違ってきます。


10冊の中から選んだ1番の本でも、70冊の中では、2番か3番、もしくはそれ以降かもしれません。
70冊から選ぶ方が、自分の好きな本が見つかりやすいです。
自己決定(他人に任せず、自分で決めること)の力も伸びますね。
だから、たくさんの本を置いておくべきなのです。

70冊と書いていますが、100冊でもいいんです。
ただ、市販のカラーボックスに入る適量が、70冊くらいです。
100冊入れると、本と本の間が詰まりすぎて、きいが本を取り出せないし、しまうこともできません。これでは本末転倒です。
本棚に合わせて、本の量を調節してください。

これを読んだママパパさんは質の高い絵本を選んでたくさん置いてください。
そして読み聞かせをしてあげてください。
0歳から小学校高学年くらいまで続けられるとよいですね。
子供が寝る前に、コミュニケーションの一つとして。




子育てマインド
・子供はお話が好き、絵本が好き。
・絵本は、絵と言葉とストーリーの質が高いものを選ぶ。
・絵本は、美しいものへの感性を高め、言葉を育て、道徳性を豊かにする。
・本棚を作り、質の高い本をたくさん置く。
・10冊と70冊では、一番好きな本の質が違う。
・できるだけ絵本の読み聞かせをする。



いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第13話を読んでいただき、ありがとうございます。
子供にとって、本が身近な存在であるように心がけましょう。

次回は「言葉の爆発期」についてです。

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。

第12話「子供と上手に約束しよう!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん。

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。


「子供と上手に約束をしよう!」


第11話「テレビ…これだけは考えて」の中で、
テレビを見るときは、前もってどれだけ見るか約束をする。
ということを話しました。

今回は、「約束」についてもう少し詳しく話します。


きい(僕の子)は、今1歳11か月ですが、よく駄々をこねます。
例えば、
テレビをもっと見たい
プラムがもっと食べたい
車の中でもっと遊んでいたい
など、自分のしたいことが続けられなくなると、
泣いたり、泣きマネをしたり、「いやねん」と言ったりして、
駄々をこねます。

駄々をこねること自体は、成長の過程なのでよいことです。
自己主張ができるようになったということですから。

でも、
ママパパさんからすると、ストレスやイライラの原因になると思います。

思わず、大きな声で、
「もう、テレビは見ません!」
「もう、たくさんプラムを食べたので、食べません!」
と叱ってしまうこともあるかもしれません。

叱ることは大事なんですが、こういう叱り方はよくありません。
大きい声で叱り続けていたら、子供はそれに慣れてしまってきかなくなります。
さらに大きい声で叱り・・・いたちごっこです。


詳しくは、
第7話「正しくほめていますか?叱っていますか?」
第10話「叱るとき…これだけは注意して!」
を読んでください。


また、
「後、少し見ていいよ。」
「じゃあ、もっと食べていいよ。」
と子供を甘やかし続けると、
泣いたら何でもしてもらえる弱い子になってしまうかもしれません。

じゃ、どうすればよいのか?

「前もって約束をする」のです。


いつ?どんな?約束をするのかがポイントです。

きいの夕飯の例で書きますので、イメージしながら読んでください。
夕飯の後にプラムを食べさせる場合。

夕飯を食卓に出します。
このときプラムは出しません。


なぜか?

きいは
プラムが気になって夕飯を食べることに集中できないからです。
さすがに、1歳11か月の子に
「夕飯を食べた後に、プラムを食べようね。」
というのは、酷すぎます。
もう少し大きくなったら試してみようと思います。

夕飯を食べ終わります。
僕は、きいに
「プラム食べたい?」
と聞きます。そうすると、きいは、
「食べたい!」
と答えます。

ここで、すぐにプラムを出しません。

きいと会話をします。
たくさん言葉を覚えていっぱい話してほしいので。
子供は、「何かがほしい!したい!」とき
一番学習しますから、こういうとき賢くするチャンス
です。

僕は、
「何が食べたいの?」
と聞きます。きいは、
「プラム」
と答えます。僕は、
「じゃあ、プラム食べたいって言おう」
きいは、
「プラム食べたい」
と言います。

まだ、プラムは登場しません。

日頃から、食卓のお皿を片づけてから果物を出すようにしているので、
(いつも、果物があるわけではありません。)
僕は、
「じゃ、食器をお父さんの所に持ってきて」
と言います。
きいはお皿を片づけてから果物を食べられることがわかっているし、早く食べたいので、必死に自分の使ったお皿を持ってきます。

片付け終わったら、ようやくプラムの登場です。

お皿に、プラムを4つ入れておきます。
(きいの分2つ、僕の分2つ)

ここで、「約束」します。
僕は、
「プラム2つだけ食べていいよ。わかった?」
きいは、
「わかった」
と言って2~3回首を縦に必死で振ります。

食べ終わったら、きいは、
「プラムー」
と言うこともありますが、
「さっき、2つだけ食べていいって約束したね」
と言うと、納得してもう言わないことが多いです。

こんな流れで約束をしています。

第1話でも話していますが、
赤ちゃん〜3歳までは天才なので、ママパパさんが話していることを理解しています、理解しようとしています。
だから、
言葉が出始めたら、約束してみるといいです。
きいと約束を始めたのは、確か1歳8か月くらいだったかなあ・・・
うろ覚えですが、とにかく、果物がもっとほしいとねだることが多くなった時期にどうしようかと考えて「約束」を実行したわけです。

そういえば、最近、小学生がプラムの種を喉に詰まらせて窒息死したというニュースがありました。
だから、きいに
「種は飲み込みません。」
「口の中に種を入れません。」
「プラムを持って食べなさい。」
と言いました。するときいは、プラムの種を持って、歯でがりがりしながらきれいに食べていました。
命にかかわるので、食べている最中はしっかり見るようにしてくださいね。


第11話と今回で、テレビ、食べ物の場面で約束についてお話しました。
約束というのは、それら以外、あらゆることに使うことができると思います。


「約束」について、心の動きを見てみましょう

ママパパさん、
何か約束したら守りたいですか?破りたいですか?

子供も大人も約束というのは、
「守る」ことなんですね。
「破る」ことじゃないです。
約束を破ると、良心が痛みます。
人間というのは普通そういう生き物です。


約束は、破るためにするのではありません。
破るのが分かっているのであれば、誰だって約束しません。

だから、
子供と約束するときに、「わかった?」
と確認するんです。本当に約束できますか?と。
そして、「わかった」と頷かせるんです。

だから、

「約束したね」という言葉に対して、子供は、
もっと食べたくても、グッとこらえるわけです。
「食べたい」と「約束を守りたい」という心の葛藤ですね。

約束したら子供も真剣です。
ママパパさんが、約束を破ったらだめですよ。
仕方ないからもっとあげようとか。
結局約束を守らない子になってしまいます。


約束すれば、子供に文句を言わせない状況になります。
約束すれば、我慢強さも鍛えることができます。
約束をすることによって、叱ることが減ります。
ママパパさんのストレスも減りますね。

さらに、約束をすることで、いろいろな会話が増えて、子供は言葉を覚えてもいきます。
一石二鳥です。実際は二鳥以上ですけど。

約束というのは、使い方によってとても効果があります。
子供さんと約束してみてくださいね。
初めは、約束しても破るかもしれません。そういうときは、叱ってみてください。約束が守れたときは、ほめてあげてください。約束を続けていけば、
子供は、「約束」についてわかってくるはずです。

注意することとして、
何でもかんでも約束すればよいわけではありません。
約束だけで子供は育ちません。約束は一つの手段です。
やっぱり、いろいろなバランスが大事です。
「ほめる、叱る、約束する」を上手にバランスよく使って子育てをがんばりましょう。



子育てマインド
・いつ?どんな?約束をするのかをよく考えて約束する。
・約束は、いろいろな場面で使うことができる。
・約束は、「守る」ことであり、「破る」ことではない。約束を破ると心が痛む。
・約束という心の葛藤により、精神面(我慢強さなど)を強くする。
・約束することによって、叱ることが減る。ストレスが減る。



いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第12話を読んでいただき、ありがとうございます。
約束をして、ママパパさんイライラを減らしましょう。楽をしましょう。
もちろん、子供を強く正しく、賢くしていきましょう。

次回は「絵本・・・とりあえず本棚を!」

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。

第11話「テレビを見せるとき・・・これだけは考えて!」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん。

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。


「テレビを見せるとき・・・これだけは考えて!」


きい(僕の子)が1歳11か月になりました。
少しずつ3語文が出てきました。
例えば
「お父さんの車行こう」
「いっしょに海行こう」
などです。

こういう言葉や文が出てくると、
自分のしたいことを主張することが多いです。
こんな感じです。
「(Youtubeで)ミッキー見よう」
「(テレビで)ショーン見よう」羊のショーンです。

テレビ(映像)が見たい!という場面が増えてきました。


ママパパさんのお子さんもテレビをよく見たがりますか?


僕は、テレビをたくさん見ることは、あまりよくない
と考えているので、
できるだけ見させないようにしています。

よくない理由として、
テレビを長時間見させると、
人と目を合わせようとしなくなるからです。
統計でそういう結果が出ています。
詳しく知りたい方は、ググッてください。

人と目を合わせられないということは、
コミュニケーションの力にマイナスの影響が出てきます。
ママパパさんの目を見て、
話を聞くことができない子
話すことができない子

こんな子に育つかもしれません。


もう一つの理由。
テレビは基本的に、受け身的な刺激だからです。
子供がテレビをじーっと見ている。
30分、言葉も発さず、体を動かず、何もせず、ただ見ている。
それでも、テレビはどんどん進みます。

子供が反応せずとも、テレビは勝手に進むこと
に怖さを感じます。

つまり、
毎日毎日、こういうことを続けていくと、他の生活全般のことも
どんどん受け身的になってきます。
自分は何もしなくても、周りが何とかしてくれる
みたいな。

これ、致命的なことですよ。最悪です。

自分で考えて行動することができない
ということですから。
自ら進んで興味を持って何かをするということにも反します。

3歳までに、いろいろな経験をさせないといけないのに、
こんな受け身的な子供になったら、脳を活性化することも
できません。
だから、テレビはあまりよくないです。

ただ、まったくテレビを見せないというわけにはいかないですよね。

テレビを見せるときは、ママパパさんと一緒に見るようにしましょう。
そして、会話をしましょう

「お母さんといっしょ」などの音楽番組なら一緒に歌う。
お母さんの生の声を聞いて、言葉やリズムを覚えます。
生の声が最高なんですよ。

新幹線が出てきたら、
「新幹線だねー、速いねー」
とか会話をすれば、そこから言葉を覚えていきます。

えーと、乳幼児に限らず、小学生、中学生、高校生でも
テレビを見るときは会話をした方がよいです。
小学生に、
「この音楽どう思う?」
と聞くことが、考えることや話すことの基礎になります。
中学生、高校生であれば、議論になるかもしれませんね。

こんな考えを持たれるかもしれません。
中学生や高校生がテレビを見て会話したがらないだろう
たしかに。

しかし、
これは、3歳(6歳)までの育て方によります。

小さい時から「テレビと会話」をセットにしておけば、それが当たり前のことになります。一人でテレビをじっと見ていることが多ければ、テレビを見ている時は会話をしないというのが当たり前になります。

だから、

3歳までに「テレビと会話」を当たり前にすればいいんです。


大切なことは、
子供とテレビだけのつながりにしない
子供とテレビとママパパさんという風につながっていてください。



まあ、実際は、一人で見させるときもありますよね。
僕も、きいに一人でテレビを見させることもあります。
僕はそんなとき、遠くからでも、
「ゴリラがいるねー、ウホッウホッ」
とか言います。
こうやって、子供とテレビの間に割り込んでいます。

きいは、自分の興味があるものがテレビに出てきたら、
僕の方を向いて伝えてきます。
「ながーいしんかんせん!あったあった」
とか。

子供がこういう風に伝えてくることは、大切にしてください。

なぜ、伝えてくるのか?

考えてみてください。

ママパパさんも、「どうしても伝えたい!」ということありますよね。
わくわくしたこととか、すっごく楽しかったこととか、
めっちゃおもしろいこととか、悲しかったこととか。

つまり、
心が揺れ動いたのです。心に響いたのです。

こういうことは、よく覚えていますよね。
記憶に残ります。
脳に刺激があったということです。

子供も同じです。
なぜ伝えてくるのか?
子供は、
「だって、超おもしろいんだもん!すっごく楽しかったんだもん!」
「だって、前に見たことがあったんだもん!」
「おかあさん、見て!聞いて!」
「きりん!」
という感じです。

こういうときに、
ママパパさんが、
「ああー、キリン、動物園で見たね!首が長いね!」
としっかり返事をしてあげれば、より一層記憶に残ります。
そして、「首が長い」という言葉を覚えていきます。
さらに、

何より、ママパパさんが返事をしてくれたという
子供にとって大事な安心感、信頼感が得られます。

こういうことの繰り返しによって、子供は言葉を覚え、
安心感を得て、賢く、安心して育っていくのです。


最後に、とっておきの技です。

テレビやYouTubeを消すと、
子供はもっと見たいと駄々をこねることがあります。
よくありますよね。

こんなときは、
前もって約束しましょう。
見終わった後ではないのがポイントです。
前もって、です。

テレビであれば、こう言います。
「羊のショーンが終わったら、テレビを消すよ。わかった?」
「わかったら、わかったと言って」

YouTubeであれば、
「最後1回だよ。わかった?」
「わかったら、わかったと言って」

と言って、子供に
「わかった」
と言わせます。
うんうんとうなずくこともあると思います。

見終わったら、子供は
「もっと見る」
「もう一回とか」
と言いますが、
「羊のショーンが終わったら、テレビを消す約束だったね」
「見る前に最後1回って言ったよ」
「わかったって言ったね」
と言うと、
子供は、納得してテレビをあきらめることが多いです。
納得しないと、後に引きずるので、「納得させること」がポイントです。

家事の関係で、前もって言えない場合は、テレビの途中でもよいかと思います。
とにかく、テレビが終わって、「はいオシマイ」にならないように。

初めは上手くいかないかもしれませんが、続けていけば
納得できるようになるはずです。

約束するときに大切なことは、
前もって約束し、見通しを持たせておくこと
納得してやめさせること




子育てマインド
・長時間テレビを見せると、人と目を合わせようとしなくなる。
・子供がテレビを見るときは、一緒に見て、会話をしよう。
・子供とテレビだけのつながりにしない。
・テレビを見るときは、前もってどれだけ見るか約束をする。





いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第11話を読んでいただき、ありがとうございます。
テレビっ子にならないように気をつけましょう。

次回は「子供と上手に約束しよう!」です。

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。