第4話「子供だからこれくらいしかできない」 - 元小学校教員 兼 主夫の子育てマインド 赤ちゃん〜小学生

第4話「子供だからこれくらいしかできない」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん、

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。


「まだできないからねー」

ママパパさん、自分の子にこんな声かけをしたことがありますか?

最近、きい(1歳9カ月の僕の子です)と公園に行った時の話です。
公園に着くと、
見知らぬママさんと女の子(1歳3か月だそうです)がいました。
きいが歩いていると、女の子は歩いて、きいについてきました。
きいが傾斜30度くらいの急な丘をよっこらせと上ると、
女の子も上ろうしていましたが、難しく、
手を挙げて「あーあー」言ってました。
そこで、ママさんの一言です。
「まだできないからねー」

こういう言葉を聞くと、僕は、
「本気でそんなこと言ってんのかー!」
と心の中で思っています。

本当に・・・
信じられません。
子供がかわいそうです。

子供、やりたいんでしょ。
チャンスくらいやってよ。
努力させるチャンスなのに。
初めは誰もできんでしょ。
一緒に手をつないで挑戦させたらいいのに。
失敗なり成功の経験ができるのに。


僕なら、手を取って一緒に上ります。
登ったら、オーバーアクションで誉めると同時に、
「高いねー」とか言っときます。
下りも同様。
やる気があれば、再び登山開始。少しずつ手を離していく。

疲れてやる気がなくなったら、止めさせます。
無理にさせると、楽しくないから。
ポイントは、
興味があるうちはさせることです。

でも、まだしたくても、「最後1回ね」と言って、切り上げることもあります。
次もしたくなるように

この判断は、子育てを続けていたらわかるようになってきます。

まあ、上り下りを繰り返したら、そのうち自力で上るようになりますよね。
その日に上るということではないですよ。


「子供だからこのくらいしかできない」
って思ったら、ぜーーーったいだめです。
ママパパさん、子供の興味ややる気をすぐに奪ったらだめです。
興味ややる気を見せたときこそ、経験させるべきです。
目をキラキラと輝かせて、やるぞー!っていうとき、
子供は、
真剣がんばる!
楽しい気持ちになる!
たくさんのことを学ぶ!

これは赤ちゃんも、乳幼児も、小学生も、中学生も、高校生も大人も同じ。

失敗したとしても次につなげていくんです。
子供は、足や手など体の使い方、体重のかけ方など、
急な坂を上るためには、どうすればよいのか、「失敗」から学びます。
そして
その「経験」を次に生かし、「成功」につなげていくのです。


当たり前の注意点として、
いくら興味が高く、やる気があっても
・公共の場で、迷惑になるようなことはいけません。
 迷惑行為は、子供のマナー欠如につながります。
・命にかかわることや危険すぎることもだめ。
 説明いらず。
・テレビをみることやゲームをすることもほどほどに。
 人と目が合わせられなくなることや、ゲーム脳とかの問題があります。

書き出したらきりがないのでこのくらいにしておきます。



子育てマインド
・「子供だからこれくらいしかできない」
 と思ったらだめ。
 子供は無限の可能性を秘めています。



いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第4話を読んでいただき、ありがとうございます。
子供をどんどん伸ばしていきましょう

次回は、「子供の力を甘く見るな!」について話します。

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。