第7話「子供の能力は遺伝?環境?」 - 元小学校教員 兼 主夫の子育てマインド 赤ちゃん〜小学生

第7話「子供の能力は遺伝?環境?」

こんにちは。子育てを頑張っているママさん、パパさん、

第1話「赤ちゃんは天才!?」をお読みでない方は、
初めに、第1話を読んでください。
僕は、「赤ちゃんは天才」という前提で書いていますので、
第1話を先に読んでもらった方が、よいかと思います。

「能力は遺伝?環境?」


今まで真剣に子育てマインドを話してきたんですが、
遺伝と環境のことを話さないと、僕の話は元も子もない
という気がしたので話します。


人間の能力や発達、特徴などは、
遺伝によって決まるのか?
環境によって決まるのか?


ママパパさん、どう思います?
考えながら読んでください。

細かいことを書きだすと、きりがないので、
バクっと話しますね。


昔、発達心理学の世界で争いがありました。
遺伝だろ!環境だろ!と。

ゲゼル
遺伝説だ」
「能力や発達は、遺伝で決まるんだ。環境(教育など)は関係ないんだ。」

ワトソン
環境説ですよ」
「能力や発達は、環境がすべてですよ。」

シュテルン
「まあ、両者まちなされ。輻輳説です。」
「遺伝も環境も加算的な影響があります。」

ジェンセン
「これで決まり!相互作用説(環境閾値説)!」
「遺伝と環境が互いに影響し合っている!」


ママパパさん、どの考えですか?
輻輳説と相互作用説の違いが難しいのですが、
詳しく知りたい方はググッてください。


さて、現在の主流は、ジェンセンの相互作用説です。
能力や発達は、遺伝と環境(教育)が
相互に作用しているというものです。

僕が言いたいこと
遺伝だけで能力・発達が決まったら、たまったもんじゃねーよ!
遺伝による潜在能力というものは、確かにあると思うが、
環境による影響は相当あるでしょう。

「遺伝で決まったものは、仕方がない。環境を大切にしていこうよ!」


単純に考えてみてください。
ある子には、テレビでピアノ演奏を聴かせる。
音がいまいちだし、環境はよくはないですよね。

ある子には、生のピアノ演奏を聞かせる。また体験もできます。
音を学ぶのによい環境ですよね。

どちらが、子供が成長するか歴然です。
そりゃ、生の音楽を聴いて、体験をする方が学ぶことが多いです。
だから、環境ってのは、とても大事なんです。


だから、子供によい環境を作っていくことが必要になります。
環境というのは、子どもが生活する場所・空間・時間全部のこと
です。

例えば、

家の中を整理整頓しておけば、
子供は、そういう環境が普通になります。
反対に、物があふれかえっている場所で生活すれば、
それが普通になり、整理整頓ができなくなります。


しつけ全般も環境で変わりますよね。
椅子とか座布団に座って食べるとか。

韓国の女性でしたか?
立膝をして食べるという文化があります。
日本人からしたら、行儀が悪いんですけど、
韓国ではそれが正しい食べ方なんですね。

基本、大人が正しい行動をしていれば、
子供はまねをしてよい行動をしますね。
もちろん、悪い行動もまねるので、気をつけてください。


学習環境ということなら、
部屋に本棚をつくって、絵本を並べて置いたらいいですね。
子供は、絵本を取り出し、勝手にパラパラめくります。

きい(僕の子)は、1歳6か月くらいのときに、
自分でバラッバラッとめくって見ていました。

ゾウの絵を見て、「ゾウ!」と言いますし、
分からないものは、「んーんー」とか言って、たずねてきます。

こういうときに、
「これは、きりん」
と教えたら、
覚えるのが早いです。
興味をもっている状態ですから。

いつか、絵本については話をしたいのですが、
本当によいものだと思います。
絵本には、
絵がある、字がある、色がある、ストーリーがある。

これだけ考えても、絵本は、
子供にとって大きな学びの書であることは間違いないですね。


今回、僕が言いたかったことは、

いくら遺伝子がよくても、環境が劣悪なものであれば、
賢い子、判断力のある子には育たないのです。

つまり、

人間は遺伝ですべて決まるものじゃない
だから、
環境をよくして、子供の力を伸ばしていこう
というものです。
もう少し言うと、
3歳までに脳を活性化させて賢くしておこう
ということです。

3歳までの子育て、がんばれ!


子育てマインド
・環境を大切にしていこう。
・人は、遺伝だけでは決まらない。



いつも通り赤字をパソコンのメモ帳やワードにメモしておいてくださいね。


第7話を読んでいただき、ありがとうございます。
子供にとってよい環境を作りましょう。

次回は、「なぜ、3歳までが大切なのか?」についてお話します。

質問や体験談などがあれば、気軽に書いてください。


週1くらいで大事なことを話していくので、
お気に入り、ブックマークに登録しておいてください。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。